検索

薪ストーブに煙突の配置が必要な理由とその方法とは?

薪ストーブの導入を検討されている方は煙突の設置についても十分に考慮されていますでしょうか。

薪ストーブといえば、体の芯まで温まり、自然の温かみを感じることができる暖房器具としてだけでなく、風情を感じさせるインテリアとしての側面からも、薪ストーブを導入する家庭も増えてきているようです。


そんな薪ストーブですが、家庭に導入するとなると、煙突の設置が不可欠になります。

なぜ煙突を設置しなければならないのでしょうか。そして、どのように配置すれば良いのでしょうか。


今回は、薪ストーブを導入する上での煙突の必要性とその理由、煙突の配置について紹介したいと思います。


□薪ストーブには煙突が必要

・煙突が必要な理由

薪ストーブというのは、ガスも電気も使用せず、薪と空気を使用することで、暖房効果を発揮します。

そのため、薪ストーブ内に空気がなければ、薪ストーブは機能しません。


煙突を通すことによって、空気の温度差から生まれる上昇気流(ドラフト)による排煙がなされ、薪ストーブ内に空気を取り込めるようになります。つまり、煙突は薪ストーブが機能する上で不可欠な存在なのです。そのため、薪ストーブを家庭に導入する際には、煙突の併設も必要になるのです。


・煙突の配置方法

煙突の配置方法としては、薪ストーブの上部からまっすぐ屋根まで貫通させる方法と、壁を外まで貫通してから上部に伸ばす方法があります。


空気の温度差による上昇気流(ドラフト)の効果を最大化するためには、屋根までまっすぐに煙突を配置するのがベストですが、二階がある場合などはここも貫通させる必要があるので、スペース的に問題があるのであれば、壁を貫通させる方法になるでしょう。


□スキャンサームの薪ストーブ

煙突を配置した際に気になるのが、煙の臭いですよね。

人によっては、煙の臭いが苦手な方もいるので、外部の方からの苦情に繋がる場合もあります。

そうした問題にも対応しているのが、世界的な薪ストーブメーカーであるスキャンサーム社の薪ストーブです。スキャンサームの薪ストーブは、燃焼効率にも優れているため、排出する煙も少ないのです。排出される煙が少ない分、臭いも緩和され、近隣の迷惑もかかりにくくなります。


スキャンサームの薪ストーブは、他の薪ストーブと比較して非常に優れた性能を備えています。それに加えて、モダンな高いデザイン性も備えているため、インテリアとしての評判も高まってきています。


家庭の中にアクセントを加えたいという方はぜひ、スキャンサームの薪ストーブの配置を検討してみてはいかがでしょうか。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム