検索

職人に支えられた家具作り|有名家具ブランドの違いを紹介

19世紀から20世紀へと移り変わる中で、デザイン・芸術という分野に、歴史的な革新を何度も起こってきたということをご存知でしょうか?

革新が起こる中で、産業革命以降に普及した大量生産・大量消費という時代を遡るような動きもます。

今回は、職人たちによって100年間衰えることなく支えられた有名家具ブランドをご紹介します。


□職人に支えられた有名家具ブランド


*KINDEL(キンデル)


キンデルは、トラディショナル家具として世界最高峰とまでゆわれる有名家具ブランドです。

アメリカはミシガン州で100年以上の伝統がある手法と全く同じ手法で、全製品自社制作をし続けるというこだわりのあるブランドです。

キンデルの根幹を支えているのは、100年以上にわたり受け継がれてきた職人の技術です。


*フリッツ・ハンセン(Fritz Hansen


フリッツハンセンの歴史は、1872年にキャビネット職人であったフリッツハンセンが、通商権を獲得したということから始まります。


創造的なデザインと蒸気を用いた当時の最新技術による造形美によって、アメリカで確固たる地位を築きました。


公共空間での使用、家庭での使用どちらに適した風合いが特徴です。


*ノル(Knoll)


19世紀、20世紀に巻き起こった建築・芸術分野の革命的な運動のさなか、その先駆者たちに依頼して様々な家具をデザインしたことで有名な家具ブランドです。

ノルの製品はまさに、近代のデザインの移り変わりそのものであるとも言え、その移り変わりの中には、耐えず革新の根底を支えてきた職人の技術がありました。


ミースファンデルローエやハリー・ベルトイアなど時代の最先端を行った偉人が多くコラボレーションしています。


*カール・ハンセン&サン(CARL HANSEN & SON)


カール・ハンセンは100年以上の歴史のある北欧を代表する家具ブランドです。

「お手頃の価格で、高品質な家具を多くの人に届けたい」という理念を、創業当時から持ちつつけ、今もなお守り続けている。

最新技術・最新の素材を持ちながらも、伝統きな風合いと品質を失うことなく、高品質なものを世に出し続けています。


□革新のなかにも職人の魂が宿る


日々、技術は進歩し、家具に使用される素材や技術も変化しています。

ですが、そういった革新の中にあっても、100年の歴史、職人の魂は宿っています。

あなたも高品質な家具に触れ、最新の技術と職人の魂に触れてみてはいかがでしょうか?

今回は、職人たちによって100年間衰えることなく支えられた有名家具ブランドをご紹介しました。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム