検索

海外インテリア好き必見|イタリアのタイルブランドであるABKをご紹介!

お洒落なタイルをお探しの方はいらっしゃいませんか?

イタリアには多くの有名なタイルメーカーがあります。

今回は海外のタイルメーカーとしてイタリア生まれのABKをご紹介します。

タイルをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。


□ABKとは

ABKは1992年にイタリアで創立されたタイルメーカーです。

現在、ABKはグローバル市場においてタイルにおける大手企業とされています。

最高の品質と質の良いサービスを行うことを会社の理念としています。


□ABK製品の特徴

ABKの概要についてお伝えいたしました。

ここでは、ABKのタイルの特徴をご紹介いたします。


*環境に良いこと

環境に優しい材料を使ってタイルを作っています。

タイルは使い終わった後、40パーセント以上をリサイクルできます。

資源だけではなく、二酸化炭素排出量にも気を遣っています。

日本にはあまりこのように環境に良いことをアピールするような商品は少ないのではないでしょうか。

しかし、ヨーロッパや北米では環境に良い商品をなるべく使っていこうという流れがあります。

環境問題が気になる方や、環境に優しいものを使いたいという方にはおすすめです。


*全ての製品がイタリア産であること

ABKはイタリア製であることにこだわっています。

ですので、日本でABKのタイルを購入するには、輸入をしなければなりません。

しかし、イタリアで作られることによって、企業側が工場1つひとつに目をかけることができ、品質を一定に保つこともできます。

高い品質のものが欲しい方や、製品の質に当たりやはずれを引きたくない方は、このABKがおすすめです。


*多様な種類があること

ABKにはとても多くの種類のタイルがあります。

流行が変わったり好みが変わったりしても、すぐにデザインを変えたりすることができます。

好みが変わりやすい方やトレンドを追いたいと考えている人には、このメーカーがおすすめです。


□ABKの直営ショールーム

残念ながら、日本にはABKの直営ショールームはありません。

ですので、日本には実際にタイルを見られる直営施設はありませんが、サンプルを送ってくれるサービスを行っているようです。

気軽に頼んでみてはいかがでしょうか。


□まとめ

この記事では海外のタイルメーカーであるABKをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

海外タイルの中でもイタリアのメーカーは人気の高いものが多くあります。

おしゃれで機能的なタイルをお考えの方はぜひ今回ご紹介したABKのタイルを購入してみてはいかがでしょうか?

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム