検索

海外インテリアデザイナー|アラン・ジルの代表作をご紹介

自分のお家のインテリアにはこだわりたいものですよね。

お気に入りのデザイナーがいれば、家具選びも楽しくなると思いませんか。

そこで、今回はベルギー生まれのアラン・ジルについてご紹介いたします。

ぜひ参考にしてみてください。


□アラン・ジルとは

アラン・ジルは1970年にベルギーのブリュッセルで生まれたデザイナーです。

彼は、もともとデザインの分野で活躍していたわけではなく、政治とマーケティングを学んだ後、国際金融の分野で活躍していました。

その後、工業デザインの世界に転身したという、変わった経歴をもつデザイナーです。

2007年には自分のスタジオをひらき、独創的なデザインの道を究めています。

アラン・ジルのデザインは世界的に高い評価を受けており、国際的なデザインの賞を多く受賞しています。


□アラン・ジルの作品の特徴

アラン・ジル作品の最大の特徴は、色使いや形の独創性ではないでしょうか。

かなり独創的なので、一度見たら忘れることができないほど印象的です。

家に1つあるだけでもかなりのアクセントになります。


□アラン・ジルの代表作

「アラン・ジルと言えばビッグテーブルとウェルデッド」

と称されているように、アラン・ジルの代表作としてよく挙げられるのはビッグテーブルとウェルデッドの2つの机です。

そこで、こちらではその2つの机を代表作としてご紹介いたします。


*BigTable(ビッグテーブル)

この机は、上から見れば一見、普通の机なのですが、脚にかなりデザイン性があります。

この机の脚はお互いが複雑に交差しており、脚一つひとつの色が違います。

このフォルムだけでもかなり特徴的だとは思いますが、なによりも印象的なのがその色使いです。

非常にポップな色を多用しており、見る角度によっても印象をガラリと変えてしまいます。

この机は世界的にも高い評価を受けており、シカゴの博物館の賞を受賞しています。


*Welded(ウェルデッド)

この机は先ほどご紹介したビッグテーブルにくらべて、色使いも派手ではありません。

装飾を最大限に減らしたデザインでシンプルかつ機能的です。

一見、何も変哲のない机かもしれませんが、この机の中には彼のこだわりがたくさん詰まっています。

この机も、世界的なデザイン賞を受賞した机です。


□まとめ

今回はアラン・ジルの代表作や作品の特徴についてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

お気に入りのデザイナーが見つかると、家具選びもインテリアを考えるのも楽しくなりそうですね。

この記事が皆様のお役にたてたのであれば幸いです。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム