検索

海外の人気インテリアブランド「ハーマンミラー」についてご紹介します

「海外の人気ブランドのインテリアを自宅に取り入れてみたいけど、ブランドがたくさんありすぎてどのブランドにすればいいかわからない」


このようにお考えの方は、少なくないと思います。

そこで今回は、海外人気ブランドの中から、アメリカの人気ブランドである「ハーマンミラー」について、その歴史や代表作についてご紹介します。


□「ハーマンミラー」の歴史

同ブランドの歴史は、1923年に、D.J.デプリーと彼の義父であるハーマンミラー達がミシガン州のStar Furniture Companyを買い取ったことから始まります。

当初は家庭向け家具を製造する小さな会社でしたが、「問題を解決するためのデザイン」という理念のもと、のちに家庭・オフィス両方を対象としたコンテンポラリーデザイン家具のリーダーとして知られる会社にまで成長しました。


□ミッドセンチュリー期の代表的存在

同ブランドは、ミッドセンチュリー期を代表するブランドとしても知られています。

そもそもミッドセンチュリーとは、「1世紀の中間」を意味し、ここでは1950年代を中心とする1940〜1960年代のことを指します。

この時代の代表的なデザイナーであるチャールズ&レイ・イームズ夫妻、ジョージネルソン、イサム・ノグチの家具を製造しているのが、ハーマンミラーなのです。

そのため、この時代のインテリアに憧れを抱いている方には非常におすすめです。


□「ハーマンミラー」の代表作

同ブランドは数々の人気製品を生み出していますが、ここではその中でも代表的なものを一部ご紹介します。


*アーロンチェア

平均的な体型のユーザーや特定の姿勢だけでなく、あらゆる体系や姿勢に対応した、快適な座り心地を提供するチェアとして、時にハーマンミラーの代名詞ともされるチェアです。


*イームズシェルチェア

1948年のローコスト家具デザイン国際コンペにて初めて紹介されたチェアであり、入手しやすい価格でありながら優れたデザインで、コンパクトでありながら快適で、移動、収納、手入れが簡単な家具として瞬く間に有名になりました。

環境への配慮から、再資源化ができるポリプロピレン製への変更を経て、時代を超えて残ってきた座り心地の良いフォームは、様々な空間で今もなお親しまれています。


□まとめ

以上、アメリカの人気インテリアブランドであるハーマンミラーについてご紹介しました。

ミッドセンチュリースタイルに憧れを持っている方はもちろん、モダンデザインに興味がある方はぜひ、ハーマンミラーのインテリアを自宅に取り入れてみてはいかがでしょうか。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム