検索

海外の人気インテリアブランド「ドリアデ」についてご紹介します

海外ブランドのインテリアを自宅に取り入れて、おしゃれな空間にしたいという方は多いのではないでしょうか。

しかし、海外ブランドといっても数多くあるため、どれを選べばいいのかわかりませんよね。

そこで今回は、海外の人気インテリアブランドの中から、イタリアモダン家具の代表的ブランド「ドリアデ」について、その歴史や代表作についてご紹介します。


□ドリアデの歴史

ドリアデは1968年ミラノ南東部の年ピアチェンツァで設立されました。

ミラノ国際家具見本市においてモダンの意味を追求した個性的なライフスタイルを提案し、イタリアの知的アバンギャルド(「革新的な」の意)としてセンセーショナルなデビューを飾り、高い評価を得ました。

経営者のエンリコ・アストリと、デザイン担当の妹、そして広告・PR部門を担当する妻の一族三人体制で、イタリアを代表するインテリアメーカーへと成長しました。


□ドリアデの魅力

20世紀後半のポストモダンの台頭の真っ只中に誕生し成長を続ける同ブランドは、その渦中に身をおきながらも、常に冷静に「モダン」の意味を問い続け、独自のスタンスを貫いています。

新進気鋭のデザイナーやクリエイターを起用し、世の中を驚かせるセンスあふれる作品を生み出し続け、世界中で高い評価を得ています。


□ドリアデの代表作

同ブランドはこれまで数多くの人気作品を生み出していますが、ここではその中でも代表的な作品を一部ご紹介します。


*KISSIKISSI(キシキシ)

イタリア語でキスをねだる際に使われる可愛らしい表現である「KISSIKISSI」という名前の通り、キュートなフォルムとカラーリングで人気のテーブルです。

見た目だけでなく製法にもこだわっており、ポリエチレンを入念に磨き上げて生み出されたエッジ部分の丸みと滑らかな質感は見るものを魅了します。


*NEMO(ネモ)

ネモは、2010年にイタリアのデザイナーであるファビオ・ノヴェンブレがデザインした、巨大なマスクの造形をしたチェアです。

背面に無表情な顔をかたどったそのデザインは、インテリアデザイン界に大きなインパクトを与えました。

その斬新なデザインは世界中で高く評価され、人気インテリア雑誌「インテルニ」の表紙を飾ったほどです。


□まとめ

以上、海外の人気インテリアブランドの一つである「ドリアデ」についてご紹介しました。

同ブランドが生み出したアバンギャルドなデザインのインテリアは、みなさんの部屋の主役、あるいはこの上ないアクセントになり得ます。

海外ブランドのインテリアにご興味がある方はぜひ、同ブランドのインテリアを自宅に取り入れてみてはいかがでしょうか。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム