検索

海外の人気インテリアデザイナー「フィリップ・スタルク」をご紹介します

「海外の人気デザイナーのインテリアを自宅に取り入れたいけれど、自分好みのデザイナーがなかなか見つけられない」

という方は、多いのではないでしょうか。

海外には数多くの人気インテリアデザイナーがいます。

そこで今回は、その中でも代表的なデザイナーの一人であるフィリップ・スタルクについて、その略歴や代表作についてご紹介します。


□フィリップ・スタルクの略歴

1949年にフランス・パリで生まれたフィリップ・スタルクは、パリのカモンド美術学校で学んだ後、1968年に彼にとって最初のデザイン事務所を設立します。


1969年にはピエール・カルダン(フランスのファッションデザイナー)の会社のアートディレクターになり、インテリアデザインおよびプロダクトデザインを担当しました。


1970年代にはレストランやカフェのインテリアなどをデザインして人気を集め、1979年にはアメリカでスタルク・プロダクト社を設立しました。


1982年、彼のデザインした椅子「COSTES(コステス)」がミッテラン大統領の目にとまり、彼はより一層注目を集めるようになりました。


□様々な分野で活躍するフィリップ・スタルク

フィリップ・スタルクは、「カルテル」や「ドリアデ」を始めとする多くの人気インテリアブランドから作品を発表するなど、インテリアの分野での才能はもちろんあります。

しかし彼はそれ以外にも、生活雑貨から電化製品、建築に至るまで、様々な分野においてそのデザインセンスを発揮し活躍しているのです。


その例として、Apple社の創業者故スティーブ・ジョブズが家族のために作ったとされているヨット「VENUS」プロジェクトにも参加しています。

また、浅草のランドマークとなっている「フラムドール」のデザインは彼が手がけたものである他、セブンイレブンやソニーなどの日本企業と提携したこともあるなど、日本とのつながりも深いです。


□フィリップ・スタルクの代表作

フィリップ・スタルクはこれまで数多くの人気作品を生み出していますが、ここではその一部をご紹介します。


*COSTES(コステス)

先にもご紹介しましたが、伝統的なパリのカフェ「カフェ・コスト」のためにデザインされたこの椅子は、彼を一層有名にしました。

この椅子の特徴は3本の脚であり、これは、ウェイターが注文の品を配膳するときに足を引っ掛けてしまわないよう配慮したデザインです。


*ARA(アラ)

全体がアルミ鏡面仕上げされたこの照明は、角のようなユニークなフォルムをしており、オブジェとしても非常に美しいです。

機能面でも、本体を下に向けると点灯するというユニークな仕掛けになっています。


□まとめ

以上、海外の人気インテリアデザイナー「フィリップ・スタルク」についてご紹介しました。

様々な分野で活躍する彼にご興味がある方はぜひ、彼の手がけたインテリアをご自宅に取り入れてみてはいかがでしょうか。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム