検索

海外の人気インテリアデザイナー「トード・ボーンチェ」をご紹介!

海外のインテリアデザイナーが手がけたインテリアからは、独特な魅力が感じられますよね。

そのようなインテリアを一つ取り入れるだけで、自宅の雰囲気はガラリと変わります。

今回は、海外の人気インテリアデザイナーの一人である「トード・ボーンチェ」について、その略歴や代表作などをご紹介します。


□トード・ボーンチェの略歴

1968年にオランダで生まれたトード・ボーンチェは、オランダの工業都市アイントホーフェンにあるデザインアカデミーで工業デザインを学んだのち、イギリスに渡り、ロンドンのRCA(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)で修士号を取得します。

その後、フランスに拠点を移し、1996年にスタジオ・トード・ボーンチェを設立しました。

様々な製品をデザインする専門職であるプロダクトデザイナーとして活躍し、自然をモチーフとしたインテリアやテーブルウェアを数多く発表しています。


□トード・ボーンチェと様々な国際的企業とのコラボレーション

彼はこれまでインテリアを含む多様な分野で、資生堂やYAMAHA、ハビタ、スワロフスキーなど様々な国際的企業とのコラボレーションを続けています。

その中でも、ハビタから発表した「ガーランド」、スワロフスキーのためにデザインしたシャンデリア「ブロッサム」が彼の名を世に知らしめました。


□トード・ボーンチェの代表作

彼は、世界的に人気を集める作品をいくつも手がけていますが、ここではそのうちの一部をご紹介します。


*ガーランド

ガーランドは、ロマンティックでエレガンスなフラワーシェードです。

花や植物がモチーフになった金属シートをぐるぐると電球に巻きつけていくことで、電球の光がメタルの花や葉に反射して美しく輝き、ただの電球がシャンデリアにも劣らないエレガントな照明に変貌します。


*ブロッサム

ブロッサムは2002年にスワロフスキーのためにデザインしたシャンデリアです。

まるで木の枝に咲いた花そのもののようなデザインをしており、これを一つ取り入れるだけで部屋の雰囲気が一瞬にしてエレガントなものに変わります。


□まとめ

以上、海外の人気インテリアデザイナーの一人である「トード・ボーンチェ」についてご紹介しました。

ロマンティック・デザインの第一人者とも称される彼が手がけるインテリアは、ほかのデザイナーには生み出せない独特の魅力を有しています。

新たなインテリアを取り入れて部屋の雰囲気を変えたいと考えている方はぜひ、彼のデザインしたインテリアを選んでみてはいかがでしょうか。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム