検索

海外のインテリアブランドをお考えの方へ|アルフレックスをご紹介!

海外のインテリアブランドに興味をお持ちの方に今回ご紹介するのが、イタリアの高級家具の代名詞とも呼べる「アルフレックス」です。

インテリアの購入を検討中の方の中には、アルフレックスのインテリアに興味があるという方も多いのではないでしょうか。

今回は、スタンダードなデザインが多い正統派のアルフレックスに関してご説明していきます。


□アルフレックスの名前の由来

アルフレックス(arflex)の名前は、イタリア語で家具の意味である「arredamenti」と英語で柔軟性や適用性という意味の「flexibility」の頭文字に由来します。

いつの時代にもどのような環境にも適用できる家具を提供したいという願いが込められているそうです。


□歴史

アルフレックスが創業したのは1951年のことで、イタリアの有名タイヤメーカーだったピレリ社と建築家のマルコ・ザヌーゾがデザインしたチェアが話題を呼びました。

このチェアは「レディ」と呼ばれます。

この製品が話題を呼んだのは、木材や藁などの自然素材が材料の中心だった当時に、人工素材のゴムを用いて家具をつくるという歴史的な一歩を担ったからです。

この「レディ」を期に、家具製造が工業製品という領域に達したのです。

このことから、アルフレックスは家具の伝統を変えたブランドとなりました。


□特徴

アルフレックスの理念からも分かりますが、アルフレックスの提供する家具は使いやすさや使う人が快適に感じられるかどうかという点を意識して作られています。

機能とデザインが調和するように、人が使いやすい家具を追求しているのですね。


□アルフレックス ジャパン

「これからの日本の生活には服飾ではない。何かが必要だ」と考えた保科正が単身でイタリアに渡り、ミラノで見た家具ショーウィンドウに日本の未来を重ね、アルフレックスで学ぶことを決意したことが始まりです。

彼がアルフレックスで学んだ家具作りと、イタリアの生活様式や生き方から感じた生活の豊かさを日本に持ち帰って設立したのが、「アルフレックス ジャパン」なのです。

イタリアからの輸入品と日本の文化に合わせた家具の開発で、日本のモダンインテリアの道を切り開きました。


□アルフレックスの人気商品、「マレンコ」

アルフレックスが日本の住環境に改革を起こしたのが、「マレンコ」というソファの登場です。

今ではリビングにソファがあるのは当然ですが、以前までソファは応接間にありました。

このソファを家族が生活する中心的な場所であるリビングに置くことで、日本のモダンライフスタイルが始まったのです。

シンプルな形をした「マレンコ」は1971年に製品化されましたが、今でも多くの人に愛されている名品です。


□まとめ

この記事では、海外のインテリアブランドであるアルフレックスについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

アルフレックスは、日本のインテリア業界にも強く影響を与えたブランドです。

家具の買い替えを考えている方は使いやすさを追求するアルフレックスを検討してみてはどうでしょうか?

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム