検索

海外のインテリアデザイナー「ジャスパー・モリソン」をご紹介!

海外のデザイナーが手がけたインテリアに興味をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

海外のインテリアと言うと、イタリアを想像される方が多いかもしれません。

しかし、今回ご紹介するのはイギリスの有名デザイナー、「Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン)」です。

創業者のジャスパー・モリソンはここ数十年来、最も成功したプロダクトデザイナーと言われています。

では、彼の歴史やデザインについて詳しく説明していきます。


□歴史

1959年にロンドンに生まれた彼は、キングストン美術学校、ロンドン王立美術学院で学び、1984年に奨学金を取りレベルリンHdkへ進みました。

1986年には、「オフィス・フォー・デザイン」を設立しました。

1997年には「iFデザイン賞」を受賞し、さらには運送デザイン賞、エコロジー賞などの賞も受賞している彼は、今や最も影響力のあるデザイナーとなっています。


現在、Jasper Morrison ltd.はロンドンに本社を置き、2002年にパリ、2007年には日本の東京にも支社を開設しました。

彼の活動は幅広く、家具にとどまらず、キッチン用品や照明、電化製品、さらには公共空間のデザインまで手がけています。

クライアントには、各業界のリーダーと言える世界的なトップ企業が名を連ねており、その中にはカッペリーニ(イタリア)、キャノン(日本)、サムスン電子(韓国)などがあります。


□深澤直人とのコラボレーション

ジャスパー・モリソンは、深澤直人と共同でプロジェクトを立ち上げています。

これは、「普通を超えた普通」を体現するものでした。

きっかけは、2001年にモリソン「International Design Yearbook」の準備で東京に来ているときに深澤と出会ったことです。

モリソンの考える成功するデザインとは、「様々な異なる環境において“easy & natural”で、良い雰囲気を作っているもの」だと言います。

彼が提唱していたのが、「スーパーノーマル」というコンセプトだったのです。

無印良品のデザインを手がける深澤のデザインにもスーパーノーマルを感じ、共同でスーパーノーマル展覧会を開催するに至りました。


□モリソンの代表作

*Air-Chair(エアチェア)

軽やかでシンプルなデザインのチェアで、世界で初めてエアモールド成形で作られました。

様々なデザイン賞やパーマネントコレクションに選ばれており、彼の代表作となっています。


*Trash(トラッシュ)

モリソンがデザインしたゴミ箱です。

上は四角形で下は円形と、ゴミ箱に求められる機能性をしっかりとデザインしており、なおかつシンプルで使いやすいと定評があります。


□まとめ

今回は、イギリスの「ジャスパー・モリソン」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

現在業界に最も影響力を与えるデザイナーの家具に触れてみたいという方は、ぜひ一度見てみると良いでしょう。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム