検索

世界的なドイツの家具会社「スキャンサーム」の歴史と薪ストーブの魅力を紹介!

みなさん、「スキャンサーム」というドイツの家具ブランドをご存知でしょうか。

ドイツの文化的な特徴として、衣食住の中でも住を重視する傾向があり、ファッションや食事に力を入れることよりも、住の充実、具体的にはインテリアの充実などをより大事にする傾向があるのです。


そんな文化を持つドイツで生まれた薪ストーブブランドが、「スキャンサーム」なのです。

この名前を聞いたのは初めてだという方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、スキャンサームとその歴史から、薪ストーブのことについてご紹介いたします。


□スキャンサームとその歴史

スキャンサーム(skantherm)とは、世界を代表する薪ストーブメーカーの一つであり、薪ストーブにおけるパイオニア的存在でもあります。


この会社は、1981年に創設され、会社名のスキャン(skan)は、薪ストーブの発祥の地であるスカンジナビア(Scandinavia)を意味し、サーム(therm)は、「thermal(熱)」を意味しています。

スキャンサームの現代的デザインを売りにした薪ストーブは、日本を含む世界各国で販売されており、薪ストーブ市場においても大きなシェアを誇っているのです。


□薪ストーブについて

しかし、そもそも薪ストーブが家にあるという方も少ないでしょう。そこで薪ストーブの魅力についてご紹介いたします。


薪ストーブの魅力は、なんといってもその暖かさです。

薪ストーブからは遠赤外線というものが放射されるため、体の表面だけでなく、体の芯まで温まる仕組みになっているため、他の暖房器具以上に暖かさを感じることができるのです。


他の魅力としては、薪の燃える様子に自然の温かみと安らぎの時間を感じることができます。

身も心も温まる薪ストーブは、生活空間を豊かにする役割を果たすのです。


□スキャンサームの提供する薪ストーブ

スキャンサームは、環境先進国であるドイツの会社です。そのため、スキャンサームの薪ストーブは、高い断熱性を備えた住宅にも対応する性能になっており、省エネ住宅との相性が抜群です。


また、高いデザイン性に加え、他の薪ストーブに比べて、短い時間で暖かくなり、ストーブ本体に触っても熱くなく、薪の量も少量で済むなど、機能的にも優れているのです。



日本でも省エネ住宅は推進されており、スキャンサームの提供する薪ストーブは今後の省エネ化する日本の住宅にもより取り入れられることになるでしょう。

自然の温かみとモダンなデザインを備えたスキャンサームの高性能薪ストーブをぜひ自宅のリビングに取り入れてみてはいかがでしょうか。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム