検索

モダンデザインが与えた影響|家具の歴史を解説

モダンデザインという言葉を一度は聞いたことがある方もあるのではないでしょうか?

建築や家具、和モダンなど、モダンデザインは様々な場面で耳にするワードです。

「モダンデザイン」という運動は、建築や芸術など様々な分野で大きな影響を与えました。

家具も例外ではく多くの影響を受けています。今回は、モダンデザインの歴史の流れを家具に注目してご紹介します。


□モダンデザインと家具の歴史


モダンデザインは19世紀末以降、現代に至るまで、議論され発展されてきたものです。

どういった経緯で発展してきたのかご紹介します。


*モダンデザイン誕生


19世紀末、産業革命により大量生産・大量消費が一般的になりつつある中、家具や日用品もまたその流れを受け、変貌をとげようとしていました。

そんな動きに逆らい、職人の手仕事を尊重しようという「アーツ・アンド・クラフツ運動」が起こりました。イギリスで始まったこの運動は、ヨーロッパ各地に広がり、アール・ヌーヴォー、ドイツ工作連盟、ウィーン派といった様々な芸術運動につながって行きます。


アール・ヌーヴォーでは、有機的な曲線を用いたり、昆虫や女性といったモチーフを家具に取り入れ、自然の生命観を家具に取り入れようとする動きが見られました。


*モダンデザインに大きな影響を与えた運動


アーツ・アンド・クラフツ運動に影響されて起こった運動は、第一次世界大戦により大きく変貌を遂げました。

戦争により、大量生産・大量消費の必要性が裏付けられ、必要以上の装飾を排除し、機能的でなければならないという動きが起こります。

家具においてもその影響は顕著でした。

ドイツでは、ドイツ工作連盟の流れを組むバウハウス、ロシアではロシア構成主義、無機的な直線や幾何学図形を好むアール・デコなど、様々な運動が生まれました。

「必要最低限の装飾と、機能的なデザイン」という考え方は、モダンデザインに大きな影響を及ぼしました。


*モダンデザインとは


モダンデザインは、上記で説明したような、19世紀末から第二次世界大戦が起こるまでの多くの運動に支えられ、大きな影響を受けています。

そして、モダンデザインは広義では、特定の様式を指すのではなく、19世紀末以降に起こった、工芸・芸術・建築分野での運動をさしています。

ですが、インテリア分野では、特に第一次世界大戦前後以降の、「必要最低限の装飾と、機能的なデザイン」を指すことが多くなっています。


□モダンデザインに合わせた家具選び


モダンデザインは、自然的な要素を配しながらも、どこか親しみやすい雰囲気を持っています。

スキャンサームもまた、シンプルなデザインの中に暖かさのある薪ストーブです。

モダンデザインに合わせた家具選びで、お部屋をおしゃれにしてみてはいかがでしょうか?

モダンデザインの歴史の流れを家具に注目してご紹介しました。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム