検索

ドイツ家具の変遷|スキャンサームの歴史とは?

ドイツ発祥のスキャンサームはどのように発展してきたのでしょうか?

18世紀に起きた産業革命によって、産業のあり方は大きな変化を余儀なくされました。

ドイツでも大きな変化が起こる中で、ドイツ家具はどのように変化し、どのようにスキャンサームが生まれ、発展してきたのか。今回は、スキャンサームに注目して、ドイツ家具の変遷をご紹介します。


□ドイツ家具の変遷


18世紀にイギリスで起こった産業革命は、ヨーロッパに大きな衝撃を与えました。

今まで職人が担っていたモノづくりはだんだんと機械が取って代わるようになり、1つ1つ丁寧に作り、丁寧に使ってきた文化は、大量生産・大量消費に脅かされます。

そんな中、職人の手仕事を尊重し、芸術と産業の統一を目指す「アーツ・アンド・クラフツ運動」が起こります。

この運動はヨーロッパ全土に広がり、各地で多くの運動が起こりました。


ドイツでは、「ドイツ工作連盟」が生まれ、近代社会にふさわしい芸術と産業の統一を構想します。

第一次戦争が起こり、大量生産の必要に迫られる中、職人の手仕事を尊重する運動は衰退し、機能的で大量生産に向いた効率的なデザインが求められるようになりました。

その中で、「ドイツ工作連盟」の流れをくむ「バウハウス」がおこります。

合理主義的・機能主義的なデザインを求めた「バウハウス」の思想は、ドイツのみならず全世界に大きな影響を与えました。

のちに工業デザイン:インダストリアルデザインの生みの親とも呼ばれる運動です。


第二次世界大戦の色が濃くなる中で、当時の第一政権ナチスによって、バウハウスは解体されましたが、思想は全世界に引き継がれ、現代にもその影響を色濃く残しています。


家具においても、バウハウスの影響は大きく、必要以上の装飾を排除して、機能的なデザインを求める合理主義的・機能主義的なデザインが、ドイツ家具において、多く見られます。


□スキャンサームの歴史


スキャンサームは、1981年に設立された、skantherm GmbH & Co. KGの主力商品として誕生しました。skanthermというブランド名は、「skan」は「Scandinavia(スカンジナビア)」から、そして「therm」は「thermal(熱)」から来ています。


環境先進国として名高いドイツの住宅性能に適した製品開発を通して、高気密・高断熱住宅に対応した高機能な薪ストーブとなっています。またパッシブハウスなどの省エネルギー住宅にも対応し、環境にも経済的にも優しい製品となりました。


□革新を遂げたスキャンサームで至福のひと時を


工業デザイン先進国であり、環境先進国でもあるドイツに生まれたスキャンサーム。

そのデザイン性や機能には余念がありません。

常に革新を遂げてきたスキャンサームで、至福のひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

今回は、スキャンサームに注目して、ドイツ家具の変遷をご紹介しました。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム