検索

ストーブとエアコンの温度を比較|スキャンサームとの違いを紹介

新築やリフォームを検討されている方の中には、薪ストーブを検討している方も多いのではないでしょうか?

薪ストーブは、技術的な発展もあり、デザイン性と機能性を兼ね備えたアイテムとなっています。

そこで気になるのは「エアコンとの温度の感じ方の違い」ですよね。

特に吹き抜けを考えられている場合は、どちらを選ぶか慎重に検討する必要があります。

今回は、薪ストーブとエアコンの性能の違い、温度の感じ方の違いをご紹介します。


□温度の感じ方を比較|薪ストーブとエアコン


具体的に、薪ストーブとエアコンでは、温度の感じ方にどういった違いがあるのでしょうか?

直接的な温度の感じ方と部屋全体の温め具合の2つの観点で比較していきます。


*直接的な温度の感じ方を比較


薪ストーブのすぐ前にいるときの温度と、エアコンで一番温まる場所にいるときの温度の感じ方にはどういった違いがあるのでしょうか?

結論から言えば、エアコンよりも薪ストーブの方が断然暖かいです。


これは、薪ストーブには、輻射熱というものが生じており、熱源からの温度の伝わり具合が極めて高くなっているからです。

また、風が生じてしまうということも、エアコンが薪ストーブよりも直接的に感じる温度が低い原因です。


ですので、直接的に感じる暖かさが欲しい場合は、薪ストーブがオススメです。


*部屋全体の温め具合を比較(吹き抜けがある場合)


吹き抜けがあった場合の温度の感じ方には、どういった感じ方があるのでしょうか?

薪ストーブとエアコンでは、温度の伝わる流れが全く異なってきます。

薪ストーブでは、上昇気流が強く、温められた空気がまず上に上昇し、それから、部屋をぐるっと循環します。

エアコンでは、まず設定された風向に温風が送られ、壁などに当たることで空気が循環します。

比較的小さい空間では、大きな差は出ませんが、吹き抜けがあるような大きな空間では、かなりの差が出てきます。

大きな空間を効率よく温めるには薪ストーブが断然有効になります。

場所による温度のムラが生じやすいという点で、エアコンは不利に働きます。


□スキャンサームで寒さとは無関係の暮らしを


スキャンサームは、従来の薪ストーブよりもさらに効率よく住居を温めることができます。

もし、冬の寒さにお悩みなら、スキャンサームでお部屋を暖かくしてみてはいかがでしょうか?

エアコンとの違いに驚かれることは間違いありません。

今回は、薪ストーブとエアコンの性能の違い、温度の感じ方の違いをご紹介しました。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム