検索

スキャンサームはココが違う|従来の薪ストーブとの違いを紹介します

技術の進歩に伴い、薪ストーブはデザイン性も、機能性も持ち合わせたものになりました。

スキャンサームを検討してる方の中には、「従来の薪ストーブと何が変わったんだろう」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は、従来にはない機能を備えた薪ストーブ:スキャンサームと従来の薪ストーブでは、機能がどのくらい違うのか、ご紹介します。


□スキャンサームと従来の薪ストーブの違い


スキャンサームと従来の薪ストーブの違いを3つのポイントに分けてご紹介します。


*10分で室内を暖められるスピード性能


従来の薪ストーブでは、薪から得られた熱が煙突を伝ってほとんど逃げてしまい、薪が燃えてしまった後の熾から、輻射熱を受けて部屋を暖めていたのですが、スキャンサームでは、煙突から熱が逃げることなく、前面のガラス面から、熱を放出することで効率よく部屋を暖めることができます。


そのため、従来の薪ストーブよりも早く部屋を温め始めることができるというわけなのです。

薪が燃え始めればすぐ、暖かい熱を感じることができます。


*本体に触っても熱くない安全性能


従来のストーブであれば、表面が高温になり、触れればやけどを負ってしまいます。

ですが、スキャンサームでは表面が熱くならず、安全に使用することができるのです。


まだ小さいお子さんがいるご家庭は、子どもが薪ストーブに触ってやけどをしてしまう危険性があるんどえ心配ですが、スキャンサームならそういった心配は必要ありません。


*少ない薪で暖かい省エネルギー性能


煙突からも表面からも熱を逃がさず、前面のガラスから効率よく熱を伝える仕組みで、スキャンサームでは少ない薪でも効率よく十分にお部屋を暖めることができます。


またこういった省エネルギー性能のおかげで、薪の使用量が、従来の薪ストーブの3分の1程度で済むため、薪にかける費用をかなり抑えることができます。


数年、数十年と使用していく薪ストーブですので、経済的にも優しいのはすごく嬉しいですよね。


□スキャンサームでより快適に


熱効率も良くて、10分もあればポカポカになれる。

それでいて従来の薪ストーブの3分の1の薪の量でいける省エネルギーさ。

スキャンサームには従来の薪ストーブにはない魅力がたくさんあります。

デザインもシンプルでおしゃれなものとなっていますので、薪ストーブを考えている方は、スキャンサームも検討してみてはいかがでしょうか?

今回は、従来にはない機能を備えた薪ストーブ:スキャンサームと従来の薪ストーブでは、機能がどのくらい違うのか、ご紹介しました。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム