検索

インテリアの高級素材であるウォールナットについてお伝えします!

お部屋づくりやお引っ越しでインテリアを集めている方は、その素材にまでこだわりって選びたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。


みなさんは、「世界三大銘木」の一つとして知られ、家具や建材によく使われるウォールナット材をご存じですか?

現在、世界で非常に愛されているウォールナット材は、高級家具を選ぶにあたって目が離せないポイントです。


そこで今回は、インテリアの高級素材であるウォールナット材についてお伝えします!



□ウォールナット材とは


「ウォールナット」は日本語で「クルミ」という意味ですが、テーブルやチェアなどの家具や建材に多く用いられているウォールナット材はクルミ科の落葉広葉樹のことを指します。

ウォールナット材の特徴は、「耐衝撃性に強い」「木肌が美しい」「狂いが少ない」「加工性や接着性に優れている」といったことが挙げられます。


ウォールナット材は、アメリカの東部およびカナダのオンタリオ州が主産地です。

寒い地域でゆっくりと育つため非常に成長が遅く、樹齢100年以上の木を伐採するケースがほとんどです。

現在では、伐採量を管理して安定した供給を行っています。



□ウォールナット材の魅力



*美しい木目


ウォールナット材の魅力としてまず挙がるのが、重厚感あふれる美しい木目です。

深いこげ茶で少し粗い肌目をしていますが、濃淡のあるまっすぐな縞状の美しい模様が印象に残ります。

デザインやシーン、組み合わせによってさまざまな表情を楽しめるのも人気の理由の一つです。



*年を重ねるごとに深みがでる


年を重ねれば重ねるほど、深みと味わいが出てくるのも魅力の一つです。

一般的に木材は年を重ねると色が濃くなりますが、ウォールナット材は明るく薄い色になる傾向にあります。

そのため、他の木材では味わえない深みや味を楽しめます。



*耐衝撃性に強い


木質が固めで強度があり、衝撃にかなり強いです。

また、割れにくく耐久性にも優れています。

さらに、加工、接着、塗装においても非常に優れており、家具材として非常に適した素材と言われています



□さいごに


今回は、インテリアによく使えわれるウォールナット材についてお伝えしました。


ウォールナット材の特徴や魅力についてお分かりいただけましたか。

ウォールナット材は見た目に高級感があって美しく、さらに素材自体も頑丈であるため、今後も注目が集まるとされています。


インテリアの購入でお悩みの際は、ぜひウォールナット材を考えてみてください。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム