検索

【家具で用いられる素材】ウォールナットについて徹底解説します!

「ウォールナットは他の木と比べてどのような特徴があるのかな。」

「ウォールナットを素材とした家具の良いところは何だろう。」

家具を購入するときによく悩むことが、家具に使われている素材ではないでしょうか。

そこで、今回はこれから家具を購入する方に向けて、ウォールナットの性質を解説します。



□ウォールナットの性質


木は広葉樹と針葉樹に分類できます。

針葉樹の代表的な木材はヒノキなどが挙げられます。

今回、ご紹介するウォールナットは広葉樹でクルミ科に分類され、世界三大銘木の一つとして知られています。

しかし、クルミ科ではありますが、日本で見かける「クルミ材」とは別物になるので注意が必要です。


ウォールナットの特徴は固く、重量感があることです。

固い素材のため衝撃に強く、加工後の狂いも少ないので、楽器用の木材として選ばれることもあります。

また、木肌が美しく、色も暗めでシックな雰囲気を持っている木材のため、落ち着いたインテリアにぴったりの木材です。


また、ウォールナットは高価な家具の材料として売買されています。

ウォールナットは木の表面部分が白く、中心部分が暗い色になる性質があります。

そのため、木材として人気のある暗い色の部分は多く採取できないので、希少価値があります。

したがって、同じ広葉樹に分類される木材としてオークがありますが、ウォールナットと比べると安い値段で売買されています。


他の違いとして、経年劣化による色の変化が挙げられます。

オークは経年劣化により、元は明るい色ですが褐色に変化します。

その一方で、ウォールナットは元が暗い色ですが、長期間使用していると明るい色に変化します。

家具を購入する際に色を気にする方は、経年劣化による色の変化も考慮するようにしましょう。



□ウォールナットを用いた家具


ウォールナットは木目が真っすぐで美しく、頑丈である性質を生かして高級テーブルの原材料に使用されています。

その他にも、テレビ台やタンスの素材として使うことがあります。

家具の種類は豊富にあるので、落ち着いた色合いや真っすぐな木目が好みの方はぜひ、ウォールナット製の家具を候補にしてみてください。



□まとめ


以上、ウォールナットの性質をについて、ご紹介しました。

あなたが今まで知らなかったウォールナットの魅力を発見できたのではないでしょうか。

今回の記事を参考に、自分が好きな素材を使用した家具の購入について検討してみてください!

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム