検索

【ドイツ風のインテリアにしたい方へ】ドイツ風の家具やインテリアをご紹介します!

「おしゃれなドイツ風のインテリアにしたいな。」

「ドイツ風の家具やインテリアはどのような特徴があるのだろう。」

ドイツ風のインテリアを目指したいときによく悩むのが、どうやってドイツ風のインテリアを再現するかではないでしょうか。

そこで、今回はこれからドイツ風のインテリアに部屋を模様替えする予定がある方に向けて、ドイツ風の家具やインテリアについて解説します。



□ドイツの家具


ドイツ製家具は耐久性に優れたものが数多く生産されています。

これは、ドイツに住んでいる人々は「同じものを長く使うことに価値がある」と考えているからです。

代表例としては、ソファメーカー「ブルー」が生産している「100年品質ソファ」と呼ばれる高級ソファなどが挙げられます。

また、曲線の美しい製品を生産する際に必要な技術である「曲げ木」を開発したのはドイツの「THONET」という会社です。

ちなみに「THONET」は家具の大量生産を世界で初めて行った企業としても知られています。

他にも、コーナーソファもドイツの企業である「ROLF BENZ」が世界で初めて開発しました。

座り心地も良い「ROLF BENZ」のソファを日本で取り扱っているのは大塚家具です。

この記事を見て気になった方は、一度現物をご覧になってみてください。

家具の色使いやデザインはメーカーによって多種多様となっており、各メーカーが採用しているコンセプトから、ドイツ製の家具を選んでみても良いかもしれません。



□ドイツのインテリアとは?


ドイツの人々はキッチンとリビングにおけるインテリアデザインに強いこだわりを持っています。

これは、仕事よりも日々の生活を重視している国民性から生まれたものです。

現地の家具は大きなサイズの製品が多いですが、日本国内では個性的なデザインはそのままに、サイズを日本の生活に合わせたものが販売されています。

日本はオープンな間取りであるのに対して、ドイツは各部屋の使い方が明確に決まっているので、部屋の間取りもちゃんと仕切られています。

事前に部屋の機能を決めて仕切ることのメリットとして、家族みんなで過ごすリビングの生活感をあまり感じないことです。

また、リビングの窓は広くガラス張りにすることで、日光を取り入れて部屋の中を明るくすることが大切です。

ドイツは窓から見える景色にもこだわっており、緑を大切にした庭造りをすることで、よりドイツに住んでいる人の生活を再現できます。



□まとめ


以上、ドイツ風の家具やインテリアをご紹介しました。

これから家をドイツ風のインテリアにする際はどこに注意すればよいのか分かったのではないでしょうか。

今回の記事を参考に、ぜひドイツ風のインテリアにチャレンジしてみてください。

© 2018 WONDERBAL COMPANY LTD.  お問合せフォーム